ニュース&トピックス

ニュース

2017.09.15

第3回定期会議開催

Pocket

ストック事業 第3回事業会議

日時:平成29年9月15日(金)13:30~15:30

場所:松山市総合コミュニティセンター第8会議室

進行:早田洋一

 

□次第内容の確認(早田)

 ・事業会議資料

 

 協議事項

 1.認証制度内容について

 2.認証基準について

 3.保証フローについて

 4.再認証について

5.実施項目について

 

※前回会議の検討内容と試行の内容、方向性を共有し愛媛県不動産コンサルティングに事業スキームを説明と確認。その後各事業者に説明を行なっていく

 

◯1.認証制度内容について(別紙資料/第3回事業会議P1)

 

 ・メインである「買主」向けの内容説明(共有)

  目的/事業コンセプト/フラグシップモデル/ターゲットイメージ/消費者付加価値

  を元に「認証クラス」の評価を共有※2P~図解説

 

◯2.認証基準について

  「ベーシック」「スランダード」「プレミアム」の認証評価基準の確認(共有)

  ※別紙資料/第3回事業会議P3参照

   評価は「※別紙資料/建物状況調査項目」の結果から評価を実施する

 

  ①「ベーシック」

   → 建物検査を実施し、保険が付くところまでの性能を有する

  ②「スタンダード」

   → フラット35の基準に適合することころまでの性能を有する

  ③「プレミアム」

   → 長期優良住宅もしくは、長期優良住宅認定制度増築・改築に至るまでを有する

 

  ※詳しくは「※別紙資料/建物状況調査項目」を基準とする

  以下、「※別紙資料/建物状況調査項目」の基準解説( ① ② ③ )

  • → 建物状況調査項目はJIO現況検査報告書内容をチェックしたもの
  • → フラット35基準(※資料P7裏面P1を参照)

③ → プレミアムとしては※資料「長期優良住宅認定制度の概要について」P3・4

   の基準をクリアされたもの

 

◯3.認証フローに関して(※資料参照P4)

 

・売主からの依頼に伴い「※耐震補修予定も可」の表記コメントを追記(共有事項)

※宿題あり

・買主からの依頼の場合(※資料参照P5)

 

・その他の依頼の場合(※資料参照P6)

 

 「建物点検」共通用語

  → 瑕疵保険付調査・フラット35適合検査・長期優良住宅認定制度を意味する

 

  認証制度における費用の説明

  → 各項目における費用/補助(試行)・負担者の内容詳細を確認共有する

    また、各項目のルールを共有、役割(各協会担当者)の共有

 

  ※設計料に関しては要検討

   (増築、改築に伴い費用が必要になってくる)→ 建築士確認

  ※長期優良リフォームの減税など対象となる税優遇処置も数字として加えておく

   (審査・認定費用なども含まれる)試行の場合は対象とはならない 

国費の二重取りは不可

 

◯4.再認証に関して(※資料参照P7)

 

  前提として3つのクラスとも初期認証後、認証クラスは継続となる

  格上げ等に関しても条件によって対応される

 

  ※買い取り保証に伴う「保証」に対しての定義(表現)について要検討

 

 

 

◯5.実施項目について(※資料参照P8~16)

 

 ・以下の項目手順で点検、実施者、内容項目の役割と実施を共有

(内容については資料を参照)

※各項目の流れ解説(共有)

 方向性/実施者/実施内容/実施費用/補助(試行)/提出物/納期目安

 

「建物点検について

 「シロアリ点検」

↓ 

「住宅ファイル報告書」

         ↓

 「修繕工事の見積り」

         ↓

 「検査結果報告・工事内容すり合わせ」

 「工事」

         ↓

 「長期修繕計画の作成」

 「住宅履歴の登録」

 

 

■今後の協議(早田より)

 ◯積立支援制度の仕組み

  ※JIO商品を参考に利用することが望ましいのではなか?

 

■次回の第4回事業会議、ワークショップ開催について

・10月20日(金)午後1時30分~

コミュニティセンター第7会議室で実施

 

7 / 12